訪問ナースに採用される人はココが違う!

臨床経験の豊富な人

oquwihnjb

訪問看護ステーションは、在宅における医療処置
あるいは療養生活における支援などの提供であり
医師、看護師によって運営されています。

また、医療と共に介護における支援も手掛けている為、
ケースワーカー、訪問リハビリなどとの
連携によって運営されています。
 

訪問看護ステーションで働く看護師、
いわゆる訪問ナースの業務内容は、

医師の指示による治療や検査、健康状態観察、
療養生活における改善やアドバイス

介護の相談などが挙げられます。
 

また、認知症、高度な障害、
終末期など様々な症状を持つ看護を行う職業となります。

この様な点から、訪問ナースとして転職する際には、
医療機関における臨床経験の豊富さが最も重要な事となります。

 

 

コミュニケーション能力も必要

医師と看護師が在宅へ訪問する事もあれば、
看護師一人で訪問する事もある為、

判断力、コミュニケーション能力、看護知識や技術
必須のものとなり、必ず採用基準として取り上げられる事項です。
 

病気や障害で療養生活を送る方にとって
非常に頼りにされる存在であり、高齢化社会を支える
医療従事者としてやりがいのある職業です。

高齢化社会に伴い医療機関の他、多くの企業が参入し
増加傾向にあるのが在宅医療の現状です。
 

将来、転職希望する方にとって
現在の経験は大きく影響するものとなります。

 

 

臨床経験がなければ採用されない?

iqwuujdf

訪問看護ステーションとは、病気や障害を持つ方において
家庭での療養生活を過ごせるように、

医師や看護師が在宅しているところに出向き、
医療の提供を行う施設となります。
 

そこで働く訪問ナースは、
医師の指示のもと医療処置や看護を行うわけですが、

介護支援や相談などに関わることもある為、
病院とは異なった看護業務となります。
 

訪問ナースへ転職を希望する場合、
ハローワークや求人サイトなどで施設を探す事になります。

しかし、基本的に在宅訪問する際には1名で訪問する事になりますので、
処置や病状観察あるいは急変時の対応などの技術を要します。
 

よって、強い転職希望があったとしても、
数年間の臨床経験を積んでから採用が決定される事が多いです。

 

 

介護知識があると有利

また、様々な疾患や障害を持つ高齢者が多い為、
介護に関する知識と言うものも必要になります。

全く知らないというよりは、ある程度の知識習得をしていることが
望ましく、採用に有利になることもあります。
 

超高齢化社会において、在宅での医療提供の充実化が
わが国の方針として促進されている現状があります。

訪問看護ステーションの需要と供給は、
全国において今後さらに著しいものとなり、
訪問看護の必要性も増加傾向に向かっていることは明らかです。

 

 

TDu4AV8pUe